Mina コイン。 地域通貨「MINAコイン」運用開始 南島原 256店で利用可能

南島原市での地域通貨「MINAコイン」のサービス開始について (2021年2月1日)

コイン mina

本取り組みの中で、フィノバレーはデジタル通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を提供するとともに運用支援を行っており、今後も他地域でのデジタル地域通貨支援の経験を活かし、「MINAコイン」の流通拡大を支援してまいります。 文章で説明すると難しいので、日本語で2分程度のわかりやすい動画をご覧ください。 MINAコインについて 「MINAコイン」にはデジタル地域通貨サービスを短期間で安価に開始できるプラットフォームシステム「MoneyEasy」が採用されており、ユーザーは「MINAコイン」アプリをダウンロードして現金をチャージすることで、南島原市域の「MINAコイン」加盟店でキャッシュレス決済が行えるようになります。

5

南島原市の地域通貨「MINAコイン」開始(FFG/十八親和銀行)

コイン mina

決済手数料もかからず、売上として得たコインはそのまま加盟店同士の仕入れにも使えることから、支払いから入金までのタイムラグによる店舗負担の解消と、地域内での経済循環を活性化する効果が見込めます。

13

【特集】電子地域通貨「MINA(ミナ)コイン」2021年2月スタート(予定)

コイン mina

宴会需要が落ち込む中ありがたい」と喜ぶ。 本キャンペーンを始めとしてコロナ禍における事業者や市民の方々への支援ツールとしても活用していきます。

20

【特集】電子地域通貨「MINA(ミナ)コイン」2021年2月スタート(予定)

コイン mina

本サービスでご提供する機能 1. 交換単位:1円=1コイン• また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 2021年2月には長崎県南島原市の「MINAコイン」に続き、東京都世田谷区の「せたがやPay」も提供開始予定です。

南島原の電子通貨「MINAコイン」 活性化の「有効打」なるか 定着へ価値創出が鍵(長崎新聞) 長崎県南島原市と十八親和銀行などが1日…|dメニューニュース(NTTドコモ)

コイン mina

商品券のデジタル化に留まらない、コインでの二次流通ができる本格デジタル地域通貨としては、九州で初の事例となります。

6

南島原市地域通貨MINAコイン

コイン mina

市商工振興課によると、加盟店は運用開始時の256事業所から増え、今月中には300事業所を超える見込み。 対応機種・機能等は今後予告なく変更する可能性があります。 本取り組みの中で、フィノバレーはデジタル通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を提供するとともに運用支援を行っており、今後も他地域でのデジタル地域通貨支援の経験を活かし、「MINAコイン」の流通拡大を支援してまいります。

15