コロナ 渦と書いて何と読む。 コロナ禍は何と読む?

コロナ禍は何と読む?

渦と書いて何と読む コロナ

『 渦中(かちゅう)』という言葉が日常的に飛び交ういい例だと思います。 戦争による混乱や被害という意味では「戦渦(せんか)に巻き込まれる」「戦禍(せんか)を被る」のように、渦と禍の両方が用いられます。

長引くコロナ禍、幸せに過ごしている人がやっていること [人間関係] All About

渦と書いて何と読む コロナ

マンガやRPGゲームなどでも、たまに目にすることがありますが、普段の日常生活ではほとんど使う機会はないと思います。

20

長引くコロナ禍、幸せに過ごしている人がやっていること [人間関係] All About

渦と書いて何と読む コロナ

新型コロナウイルスによる感染拡大は、まだまだ予断を許さない状況が続きますが、新型コロナウイルスによってもたらされた「災い」についても、働き方や暮らし方をうまく変えて幸せに転じるよう心がけ、時が経ったときに、コロナ禍がきっかけでよいこともあったと思えるように、日々を過ごしていきたいものです。 新歓や歓送迎会も合コンもなくなるし、アプリでの出会いですらデート設定しにくくなるし。

コロナ渦ではありません|スタッフブログ|一般社団法人 資源循環ネットワーク

渦と書いて何と読む コロナ

だからこそ、今の仕事にも生かせる。 いろんな世界が見たい」。 奥さんと3人のこどもを持つ多趣味なアラフォー会社員パパ アメ車、ハーレー、ジェットスキー、キャンプ、DIYなど子供達と一緒に楽しむために始めました。

5

コロナ禍は何と読む?

渦と書いて何と読む コロナ

つまり、「コロナ渦」と表現している記事は「コロナウイルスの渦中にいる」と言いたいのかもしれませんが、そうなると新語や造語になってきますし、最初に誰かが間違えて発信した字が一部の人に浸透してしまった結果なのかもしれませんね。 コロナ禍でも奮闘している。

9

「新型コロナウイルス」関連のことば ~「コロナ禍」の使い方~|NHK放送文化研究所

渦と書いて何と読む コロナ

こうして見てみると、確かに「予防対策できた」「人為的災害」と言えるものも含まれているように思います。 知識を増やしていくと、意外と「お金がなくても楽しめるものだ」ということに気付く人も多いのではないでしょうか。

4

コロナ禍の読み方と使い方とは?意味などについて調べてみた

渦と書いて何と読む コロナ

裏を返せば、収束させるのも人次第だよということになります。

10