人間 魚雷。 人間魚雷「回天」とは

人間魚雷「回天」とは

魚雷 人間

走るにつれて酸素をどんどん消費して艇が軽くなりますから、その分計算して海水タンクに注水してゆき、 運動性能が悪くならないようにします。 人間魚雷ともいわれた特攻兵器「回天」です。 回天 (2015年11月06日 朝刊) 太平洋戦争末期、旧海軍が極秘に開発した特攻兵器。

9

【戦場秘話】若き熱血軍医が見た「人間魚雷」回天特攻作戦の悲劇(神立 尚紀)

魚雷 人間

水雷壕、回天格納壕、実用頭部格納庫は住吉神社の鎮守の森内にあり、神社の北側に基地の裏門がありました。

11

人間魚雷:97

魚雷 人間

『モリソンの太平洋海戦史』(訳)、光人社、2003年。 原 勝洋『真相・カミカゼ特攻 必死必中の300日』 KKベストセラーズ p295-349• 、259頁「昭和19年 1944年 10月17日」• そして帰航中、「ゴンダール」は、イギリス海軍に発見されて爆雷攻撃をうけ、乗組員全員が捕虜となったのである。 特攻作戦は終戦まで続けられ、若い命が次々と犠牲になっていった。

11

人間魚雷とは

魚雷 人間

二人組の乗員は、こわれた艇を捨て、必死の思いで南防波堤に泳ぎついたところを逮捕された。

4

人間魚雷「回天」大神訓練基地跡・回天神社(住吉神社)

魚雷 人間

その頃はゆうゆうと外洋を警備していたのである。 潜水艦に搭載され、大量の爆薬を積んで敵艦に体当たりした。

6

人間魚雷・回天秘話――黒木博司少佐の信念|歴史チャンネル

魚雷 人間

町は今年度、基地跡地を「大神回天訓練基地記念公園」(仮称)として約3500万円かけて整備する。